3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

2017年04月03日 ── ・家づくり ── 2000

「ここに家を建てることができるのか、まずそれが問題だった」というM様邸。電気なしでは昼間でも薄暗かったという家が、今はたっぷりと自然光が降り注ぐ家に。ご実家の床屋さんを見事な狭小住宅に生まれ変わらせたM様邸は今、狭小住宅を望む人の憧れの家だ。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 清野 廣道

    住んでいる人 夫婦

    生まれ育ったこの家に住みたい
    • 敷地を最大限に生かした狭小住宅。この場所にかつては隣の家とつながった長屋の一部があった

    「住宅会社のセミナーに行ったり、展示場にいったり。でも諦められちゃうんです。ここに家は作れないと。」

    M様邸は、奥様のお父様が床屋を営み、奥様が生まれ育った思い出の家。土地の広さはおよそ11坪しかない。本当にここに住める家が建てられるのかとご夫婦は悩んだ。

    「家を建てるにあたっては、課題が3つありました。まずここに家が建てられるのか。当時住んでいた家が売れるかどうか。それと、隣と長屋だったので、どう壊して切り離すか。この3点がクリアできないと建てられないという状態でした。」

    M様は、それから実に3年という年月をかけて3つの課題をクリア、今年ついに素晴らしい家が完成した。

    「柱ができて壁ができて…とだんだん家らしくなっていくのが嬉くて。前の家では梯子しかかなったところに階段がついているのを見たときは、ああ本当にここに住めるんだと実感しました。」

    • 落ち着いた色味の床材をつかったリビング

    • ダイニングとリビングはスキップフロアでつながっている

    • 階段はスケルトンを使用したので、風や光が行き来する空間に

    愛猫と二人+一匹の暮らしを思い描いて
    • リビングから望むダイニングとキッチン。高低差が両者を上手に区切りつつ、つなげている

    • 11坪の土地に、スキップフロアを最大限活用し、空間の広がりを作っている

    • 殺風景になりがちなバスルームには、大胆な花のあしらいが

    • 階段下には収納を。狭小だからこその工夫があちらこちらに

    「ホープスさんに、何LDKの家に住みたいかじゃなくて、どういう住まい方をしたいのかが大事で、それは狭小住宅でも同じだと言われました。それで、おっ、この会社ならと思ったんです。ここなら私たちが思っているような家が実現できるんじゃないかと。OB訪問で伺ったお宅も素敵で、この会社で建てようと決めました。」


    打ち合わせの前半は、いかに要望を削ぎ落としていくかがポイントだった。誰でも家づくりに無限の想いがふくらむが、実際に家を建てるとなると、現実には予算との戦いになる。どうしても譲れないものを残して、どう上手に他を削ぎ落としていくかが重要だとホープスさんは言う。

    「小さくても温かくて二人で仲良くゴロゴロできる家」とタイトルがつけられた設計図は、それを低コストでどう実現していくかに力が注がれた。

    床は当初、焦げ茶色のウォールナットを希望していたが、それに近い素材を探して使用し、本物と見まがう美しいフロアに。


    駐車場も諦めたが、そのおかげでハーフユニットではない普通のユニットバスを入れて減額ができた。


    夫婦二人+愛猫一匹の暮らしを考えていたため、キャットウォークを作りたいという希望もあったが、スキップフロアにすることで家全体をキャットウォークのような空間に仕上げた。

    必要なものだけを厳選して作られた家は、当初の予算と最終的にかかった費用に数千円の差しかなかったという。

    残念ながら愛猫は引越前に亡くなってしまったが、二人で何度も話し合った猫のトイレ収納は今もきちんと残されている。

    「あ、この土地でも建てられるんだ」狭小住宅のお手本に
    • 「家ができるまで」のストーリーを、笑顔で語っくれたご夫妻

    • 建物に囲まれた狭小だからこそ、採光を得るための工夫がところどころに

    • キッチンは小さいながらもしっかりした機能と使い勝手を確保

    • 晴れた日にはついつい出たくなる3階のバルコニー

    M様邸で見学会を行なうと「通りから家の奥まで見通せるような家だけれど、一歩家の中に入ればちゃんと暮らせる空間になっている。できるんですね、本当に。」とみな口を揃えて言う。ハウスメーカーの規格品では絶対にできない家づくりを実現させたM様邸は、今では狭小住宅を建てたい人のお手本になっている。

    それまで住んでいた家は庭付きで天井の高い広い家。今回家を建てるにあたっては、天井の高さと収納、家の明るさにこだわった。

    「庭付き一戸建てもマンションも経験しているけれど、それでもどこか満たされない、落ち着かない気持ちがありました。それで、自分たちの生活を見直して、本当に必要なものはなんだろうと話し合ったんです。結論は”小さくても大丈夫”、”二人がゆっくりできる心地いいリビングがほしい”ということでした。」

    収納は多めに、隙間がないという位たくさん作ったという。キッチンも必要なサイズをしっかり測って入れたため、まったく無駄がない。

    いつもご夫婦仲良くプランを考えていたM様だが、話し合いながら意外な発見もあって驚いたという。

    「子どもの頃何が好きだったかという話をしていたら、夫が実は天体が好きで望遠鏡が実家にあるというんです。そのときまで全然知りませんでした。じゃあ、そういうことができるように作ろうよとなりまして。ベランダでこれから楽みたいですね。」

    お施主様と工務店とは運命共同体
    • 収納を充実させ、空間をすっきり見せる工夫を

    • 居住空間を広く確保するためエントランスの造りはシンプルに

    「家は一緒に作っていくもので、いいも悪いも私たちは運命共同体。私たちだけでも家は建ちますが、お施主様が積極的に関わったほうが、できあがったものが絶対違ってくると思います。」とホープスさんは言う。

    これに対してM様も、
    「上棟式をなぜ行なうのか尋ねたときに「チームワークを作るため」と言われて、なるほどと思いました。私たちがいて、ホープスさんがいて、大工さんがいて…というチームワークが大事なんだと。」

    上棟式は寒い時期でだったからおしるこを用意しましたよね、とM様は笑う。

    「提案してもらったプランをそのまま受け入れたことは少なかったかもしれないですね。二度三度、ダメ出ししたことも。あのときやっぱり言っておけばよかったと思うのは嫌なので、言いたいことは全部言わせてもらいました笑)でも、いつも気持ちを汲み取ってくれて、再提案してもらえましたね。」

    こう言うM様に、ホープスさんも笑いながら答える。

    「私たちはプロでなければいけないと常々言っているんです。最初からできないじゃなくて、ちゃんと考えないとだめだと。どうすれば?をちゃんと考える。簡単にできないといわないで、まずは考えるようにしています。」

    はじめての家づくりは不安を感じて当たり前だが、不安はまったくなく、ワクワク感ばかりだっという奥様。

    完成してみていかがですか?と尋ねると、ニッコリ笑ってこう答えた。

    「やっぱりこうしとけばよかったというところはないですね。大満足です。」

    スペック
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧