自分らしく暮らす、建築家と描く注文住宅ならKLASIC

KLASIC

04月21日 (金)

二世帯の新しい形、見つけた! 親から子、子から孫へ継がれる家

形がいびつで高低差があるばかりか、防火指定地域や斜線規制などさまざまな制約がある土地に、4世代が暮らす2世帯住宅を建てたいというリクエスト。そんな難条件をクリアし、家族の夢を叶えるため、スタジオすぅ 西村佳大さんがとった手法がスキップフロアを使った「継」の家だった。

KLASIC編集部

934 0

04月19日 (水)

04月11日 (火)

趣味の自転車を大事に、そして難しい採光も実現の技が知りたい!

 愛車の自転車が手入れできる土間と、桜並木を眺められるバルコニーのある家を希望した施主のFさん。テレビ番組の『建物探訪』を数年分録画でストックするほどの建築好きというFさんが納得する家を完成させた、建築家の工夫の数々をご紹介!

KLASIC編集部

2077 0

04月03日 (月)

3階居室を確保するスキップフロアのある狭小住宅

「ここに家を建てることができるのか、まずそれが問題だった」というM様邸。電気なしでは昼間でも薄暗かったという家が、今はたっぷりと自然光が降り注ぐ家に。ご実家の床屋さんを見事な狭小住宅に生まれ変わらせたM様邸は今、狭小住宅を望む人の憧れの家だ。

KLASIC編集部

195 0

04月02日 (日)

シンプルさを極めつつご夫婦のライフワークと趣味に寄り添った家

アクセサリー製作がライフワークであるご主人と、石鹸コレクターとして世界中の珍しい石鹸を集めていらっしゃる奥様の理想を、具現化したS様邸。そのこだわりと家を建てるまでのプロセスを、ホープス代表・清野廣道さんを交え、インタビュー形式で伺いました。

KLASIC編集部

234 0

03月31日 (金)

ペットと暮らすアンティークな宝箱のあるガレージハウス

 閑静な住宅地の中に建つお引き渡しから1ヶ月のS様邸を訪問させていただきました。通りからは駐車場と建物の壁面しか見えず、一体どんなお宅なのか…?アプローチを経て玄関に一歩足を踏み入れると、外観からは想像もつかないようなお住まいに出迎えられました。

KLASIC編集部

181 0

03月29日 (水)

あえて収納を減らす、子どもと楽しむ住まいのリノベーション

リフォームして新たに生まれ変わったM様邸。無垢のフローリングにラワン合板のしつらえがとても美しいシンプルなお宅は、木と家族のぬくもりがいっぱいにあふれている。

KLASIC編集部

171 0

03月27日 (月)

ピアノを楽しみ、お昼寝も。家族をつなぐ吹抜けの広い土間

ハウスメーカーとの打ち合わせで「ピアノの部屋が欲しい」と要望したら、ピアノがぎりぎり入る小さな部屋を提示され、しっくりこなかったSさん。新たに相談を受けた建築家の松岡淳さんが提案したのは、なんとピアノを土間で楽しむという斬新なアイデアだった。しかもこの土間には、ほかにもさまざまな役割があるという。S邸の象徴的な空間となった大きな土間の魅力とは?

KLASIC編集部

561 0

03月17日 (金)

店舗と母屋、程よい距離感で暮らしが交わる「ハナレ」の家

かつて城下町で、今も路地や町並みにその風情を色濃く残す埼玉県行田市。Kさんは子育てのため故郷であるこの地に戻り、ご実家の敷地内に家を建てようと計画。Kさんのお母様が住む母屋は残し、空いた土地に新居を建設しようと考えた。依頼を受けた金子さんは、1階はお母様が営む店舗、2階がKさんご家族の住居という、それぞれの生活が交わる「ハナレ」を提案する。

KLASIC編集部

360 0

02月23日 (木)

パン教室のできるキッチン!難しい土地で実現した妻子の大満足!

 施主であるSさんが家を建てることになったのは、隣家が採光を阻む北側斜面の土地。悪条件を乗り越えて陽光が降り注ぐ住まいを実現し、みごと「住まいの環境デザイン・アワード」を受賞した建築家の技に迫る。

KLASIC編集部

1940 1

02月21日 (火)

02月14日 (火)

奥様こだわりのアンティーク雑貨が映える「自然素材の家」

地元の木材を使った「長く住める家づくり」を信条とする、建築家の林美樹さん。フランスやイギリスの雑貨や建具などが好きだというYさんのこだわりに応えて完成したのは、和と洋の趣が見事に融合した温かみのある家だった。「職人の手刻みによる木組みの家は、長持ちするのが特徴。設計する際には住む人の使い勝手を考え。後々手を入れられるような工夫もしています」と話す林さん。

KLASIC編集部

1263 0

02月12日 (日)

「こだわりキッチン」と「ストレートダイニング」がある家

自宅を新築するにあたり第一のご希望は「理想のキッチンをつくること」だったという M 様ご夫妻。設計事務所を選ぶ段階から、奥様はすでに置きたいシステムキッチンのメーカー は決めていたのだという。設計・施工を担当した株式会社ホープスの代表、清野廣道さんと、 M 様ご夫妻にどのようにして理想のキッチンだけでなくご家族のライフスタイルにぴたり と沿った家をつくり上げたのかを伺った。

KLASIC編集部

4658 0

アフターケアも行なうということ 家族とともに成長をする家

子どもたちの成長や生活スタイルの変化に合わせて、家の「ベストな形」も変化していく。家を建てたあとも、サポートをしていくという建築家のあり方を提案する家を紹介する。

KLASIC編集部

2195 0

02月04日 (土)

中庭を活かし「プライバシーと開放性」を同時に実現した家

 JR鎌倉駅から徒歩約15分。住宅と商店が立ち並ぶ市街地の、122㎡(約37坪)の旗竿状の敷地。これが、個人事務所を立ち上げた直後に江藤剛(えとう・ごう)さんが取り組んだ、初めての案件だった。施主様の多彩な要望や、敷地が抱える複雑な課題にじっくりと向き合い、丁寧に解決する江藤さんが作り上げた住まいは、中庭を活かした特徴的な家となった。

KLASIC編集部

2225 0

02月02日 (木)

繊細なピアノに優しい!軽井沢でいつでも音楽溢れる別荘づくり

 もしも別荘があったらと空想を繰り広げたことはあるでしょうか。Kさんには更にその先まで、その別荘では何をして過ごしたいかをイメージ出来ていました。雰囲気の良い空間でホームコンサートを開きたいと考えていたのです。

KLASIC編集部

1654 0

典型的な2DKに動線を与えた、間取りに浮かぶ「T」の字とは

 築20年程の鉄骨3階建て賃貸アパートメント1室のリノベーション。1階の端の空室にこのアパートのオーナー自身が移り住むということで、改装することとなった。特定の入居者が想定されているいうもののこれは賃貸物件であり、他の部屋も近い将来空室対策のために改装が必要な状態にある。ヤマサキアトリエの山崎さんは、そのモデルケースとなることも考えて間取りを検討した。

KLASIC編集部

1726 0

02月01日 (水)

バイクの趣味が中心!開放的なテラスと防犯を両立した秘訣とは?

 夫婦ともにバイクが趣味というNさん夫婦が建てたのは、バイクガレージが中心にある家。車通りの多い道路に面した土地で、防犯と開放感の確保という相容れない2つの条件をクリアした、建築家・白砂孝洋さんの驚きのテクニックを大公開!

KLASIC編集部

1734 1

01月26日 (木)

薄暗さを活用!明るさと手触りと香り、心からの"安らぎ"とは?

 古くて日当たりのよくない都内のマンション。その環境をデメリットと考えず、プラスの要素として活かしきることで、お客様をお迎えするのにふさわしい、しっとりと落ち着いた最上級の和モダン空間をつくりだすことができました。

手塚ひとみ

1558 2

01月25日 (水)

南羽生の家 完成見学会のご案内

埼玉県の北東部、田園が広がる羽生市に小振りでかわいい住宅が完成しました。
50代のご夫婦と成人したお子さんたちが暮らす家です。
外部はチョコレートブラウンの金属サイディングの壁にグレーの塗り壁の2色使いです。
金属だけでは固くなりがちな外観ですが、塗り壁をポイントとして使うことで柔らかになりました。
内部はクルミの無垢フローリング、壁は自然素材のクロス、天井は杉板で仕上げました。
所々に

KLASIC編集部

1793 0

カテゴリ

記事一覧

オススメ記事

クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

週間ランキング

【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

TAG一覧

事例一覧

建築家一覧