明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。

明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。

2017年01月13日 ── 東京都・家づくり ── 19971

共働きということで、休日に一気に洗濯などの家事をこなすというGさんご夫婦。そんな多忙なGさんが望んだのは、家事動線が良く、どこにいても2人の子どもたちの存在を感じられる家だった。随所に建築家・江藤さんのアイディアとセンスが光る、Gさん邸の家づくりを紹介しよう。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 江藤 剛

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

    大きな窓が印象的な吹き抜けのLDKは、家族が集まる大切な場所
    • 大きな窓から朝陽がタップリ入る2階のリビング。床暖房が入っているのでいつも温かい

    • 3階から見たリビング。開口部の配置や大きさを何度も模型をつくって考えたそう

    • リビングから見上げた3階。2カ所のトップライトから光が注ぐため、どの時間帯でも明るさを確保できる

     「子どもが成長するにつれて、家を建てることを考え始めました」と話す施主のGさん。もともとは築20年以上の古い賃貸マンションに住んでいたのだが、子どものためにもっと広く、暮らしやすい住まいをつくりたい…と思い、家を建てることにしたのだという。
    家づくりの第一歩として、さっそく都内の駅からほど近い場所に土地を購入したGさん。当初はハウスメーカーでの家づくりも考えたが、値段も決して安くないうえ、なかなか気に入る家が見つからなかった。「同じお金を出すなら、納得できる家づくりがしたい」と思ったGさんは、建築家に設計を依頼することに。このとき知り合いの紹介で出会ったのが、エトウゴウ建築設計室の江藤さんだった。
    「実は家づくりに関してあまり細かい要望はなくて…、基本的には江藤さんにお任せでした」とほほ笑む奥様。Gさんが江藤さんに伝えた要望は、気持ちの良い朝陽が燦々と注ぐLDKと、たっぷりの収納。そして、休みの日に洗った洗濯物をいっきに干せるスペースだったそう。江藤さんが一家の生活スタイルを考えながらプランを詰めた末に完成したのは、朝陽がたっぷり入るLDKに家族が集う、3階建ての家だった。

    外観はグレーとガルバリウム鋼板のモダンなツートン。1階の駐車スペースから玄関までは屋根がつながっているため、雨に濡れずに玄関に入ることができる。ドアを開けて中に入ると、右手にあるのは広々とした土間収納。ここは土足のまま色々な荷物を置ける便利なスペースだ。このほか1階には主寝室とバスルーム、トイレなどの水回りをコンパクトに配置。限られたスペースをうまく活用している。2人のお子さんのお気に入りは、このバスルーム。夜にバスルームの窓を少し開けるとライトアップされた植栽が見えるので、ちょっとした露天風呂気分が味わえるのだという。

    外気の侵入を防ぐために付けられたドアを開けると、2階に続く階段が現れる。家全体の壁は白で統一されているが、この階段の壁だけは、優しいグリーン。この色は江藤さんと家族みんなで考えて決めた家族のシンボルカラーだ。そして、この階段を上がると目に飛び込んでくるのが、開放感たっぷりの吹き抜けのリビング。東向きの大きな窓からはたっぷり朝陽が入る。床暖房も備えているので部屋中ポカポカ。「温かいので、みんないつの間にかここの床で寝てしまうんです」と奥様は笑う。
     そしてこのリビングの奥にあるのが、キッチンとダイニングだ。収納たっぷりのキッチンのすぐ横には洗濯機置場が設けられており、ここで洗濯したものは、そのままリビングをL字に囲むバルコニーで干すことができるそう。このバルコニーは1.4mほどの壁で囲まれているため、洗濯物を外から見られる心配もない。

    階段を上がった3階には、ご主人のための書斎と2人の子どもたちのための部屋がある。書斎は完全個室になっているものの、吹き抜け側の壁に縦長の細い窓を設けているのが特徴。これは「書斎にいるご主人の姿が2階のリビングから見えるように」という江藤さんの配慮だという。そして、10畳ほどある子ども部屋は、お子さん2人のための共有スペース。子どもたちがこの部屋に行くときには必ず2階のLDKを通るようになっており、家族がいつも顔を合わせられるよう工夫がされている。

    • 対面式のキッチン。リビングで遊ぶ子どもと楽しく会話しながら料理ができる。横には洗濯機置場もあり、洗濯物はここからすぐにベランダに干すことができる

    • リビングに備えられたスタディーコーナー。子どもが勉強したり、ご主人が仕事をしたりと大活躍

    • LDKをL字に囲むバルコニー。子どもたちは2カ所に設けた出入り口から外と中をぐるぐる駆け回るのが大好き

    理想の住まいを実現できた秘訣は「建築家を信頼して、任せること
    • お洒落なツートンの外観。白に見える部分は汚れが目立たないように少しグレーがかった色味を採用した

    • 玄関前の壁は子どもが広い道路に飛び出さないよう設けられたもの。ポストやインターホンが集約されてデザインされている

    • 玄関を入ってすぐ右手にある土間収納。子どもの自転車も収納できる広々としたつくり

    • 両側に収納が備えられた1階の主寝室。ゴロリと横になれる部屋が欲しいとのご要望から畳敷きに

    • 3階にあるご主人の書斎。備え付けの本棚には家族みんなの本が並ぶ

    • 書斎の壁に設けられた縦長の窓。この窓からリビングで遊ぶ子どもたちの姿を見守ることができる

    • 1階のバスルーム。窓の外は壁と植栽が道路からの視線を遮っているため、窓を開けて露天風呂気分を味わうこともできる

    • バスルームの前にある洗面所&脱衣スペース。こちらにも窓から明るい光が入る

    • 優しいグリーンと白い壁がマッチする3階の通路部分。奥の書斎は引き戸を開け放てばオープンにつながり、家族みんなが入りやすいよう工夫されている

    明るいLDKで子どもたちが遊び、その姿を見守りながら奥様が家事をする…。そんな理想的な暮らしを手にすることができたGさんご夫婦。今回の家づくりを振り返り「やはり江藤さんに依頼して良かった」と実感しているという。「江藤さんと本当に必要なものを一緒に確認していくことで、費用もほぼ想定どおりに収まりましたし、決めなければならないことに対してはいくつか選択肢を用意してくれたので、スムーズに決めることができました」と話すGさん。要望はしっかりと伝えながらも、任せるところは任せる。そんな思い切りが、家づくりを成功に導いた大きな要因だったのかもしれない。

    今は休みの日にはリビングにあるスタディーコーナーに置く椅子を探して、インテリアショップを覗くのが楽しみだというGさんご夫婦。2人のお子さんも新しいうちを気に入り、お友達に「遊びに来てね」と自慢しているとのこと。これからもGさん邸は、子どもたちが集って遊ぶ、賑やかな家になることだろう。

    スペック
    所在地
    東京都・豊島区
    家族構成
    夫婦+子ども2人
    構造
    木造
    規模
    3階建て
    設計期間
    2015年02月~2015年07月
    施工期間
    2015年08月~2016年01月
    敷地面積
    94.16㎡
    延床面積
    123.31㎡(1F47.75㎡、2F45.75㎡、3F29.81㎡(ガレージ10,74㎡含む)
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    趣味の自転車を大事に、そして難しい採光も実現の技が知りたい!

     愛車の自転車が手入れできる土間と、桜並木を眺められるバルコニーのある家を希望した施主のFさん。テレビ番組の『建物探訪』を数年分録画でストックするほどの建築好きというFさんが納得する家を完成させた、...

    KLASIC編集部

    20750

    人気記事

    密集地の課題を解決!ユニークなV字天井の賃貸戸建て住宅!?

    建築家の山崎さんが手がけたのは5戸の新築一戸建て。素材や空間・デザインなど細部までこだわった家は、なんとすべて賃貸である。その魅力的な仕上がりは注文住宅並みで、家づくりの参考になる点も多い。量産型が...

    KLASIC編集部

    24710

    人気記事

    子育てと旗竿地の問題に回答を!3階建て×スキップフロアの家

     採光や開放感の確保が気になる敷地。でも、駅徒歩圏で子育てや教育を含めた周辺環境は理想的。そんな土地に家を建てることになったSさんは、頼れる専門家を求めて建築家・近江利雄さんに相談する。近江さんの提...

    KLASIC編集部

    32292

    人気記事

    仕事も家族も満たされる!建築家が提案する新しい「田舎暮らし」

     リタイア後に、土いじりをしながら悠々自適の日々ーーそんな「田舎暮らし」のイメージは、過去のものになろうとしています。現役世代が、仕事も子育ても犠牲にすることなく、自分たちらしく快適に暮らす。新し...

    KLASIC編集部

    20880

    人気記事

    北海道住宅の断熱性能を道外で!書斎のある省エネ住宅。

    日常生活をする上での動線や、室内の段差の有無など、住みやすさを決める要素は様々。そのなかでも「室内の熱環境」が重要だと話すのは、北海道在住の建築家、遠藤 淳さんだ。今回は、そんな遠藤さんが手がけ高断...

    KLASIC編集部

    18011

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧