緑を眺めゆったり。ゲストと憩う暖炉付きテラスハウス | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 緑を眺めゆったり。ゲストと憩う暖炉付きテラスハウス

緑を眺めゆったり。ゲストと憩う暖炉付きテラスハウス

2016年04月14日 ── 愛知県・家づくり ── 5280

「既存のテラスを改築し、お気に入りの家具や建具を活かした空間をつくりたい」。フラワーギャラリーの女性オーナーの依頼を受けた建築家の渡辺 仁さんは、アンティークが映えるデザイン性の高いテラスハウスを設計。空、緑、風を満喫できる”半戸外”の空間は、おもてなしにも大活躍。こんな場所が自宅に欲しい!

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 渡辺 仁

    住んでいる人 女性

    お気に入りアンティークを楽しむ、光と緑の中のおもてなし空間
    • テラスハウス内部/以前は写真の床石と、2本の柱に支えられたガラス屋根があった。柱は写真奥の白壁内部に埋め込んで、ガラス屋根はトップライトに活用。写真右奥のアンティーク暖炉を楽しむためのテラスハウスとして生まれ変わった

    • テラスハウス内部 母屋から/天井は外側に向かってゆるやかに下がり、写真右奥の壁の角は斜めにカット。真四角ではない多面体の空間が柔らかな印象を生む。写真左の小さなピクチャーウインドーと、写真右のアンティーク暖炉を絶妙なバランスで配し、左右に視線のポイントをつくっているのも渡辺さんの計算だ

    • テラスハウス内部 西側/アンティークの窓枠を使用した3連窓の下には、座り心地のよいベンチを設置。天井と壁の合間につくったガラス張りの細長い隙間は、空間を軽やかに感じさせる効果がある。日が落ちるころ、西の隙間からスッと差し込む外光も美しい

    アンティーク好きにとって、「これは」と思える品との出会いは一期一会。見つけたらぜひとも入手し、暮らしの中で楽しみたい、と思う。

    味わい深い台湾製アンティーク暖炉を手に入れたFさんもそうだった。Fさんは四季折々の花と選りすぐりの調度品を扱うフラワーギャラリーのオーナーで、アンティークへの造詣が深い人物。家具や建具のコレクションを活かした自宅の増改築を何度も行っており、今回はもともとあった屋根付きテラスを改築し、暖炉を楽しむ空間をつくりたいとの要望を持っていた。

    「暖炉をお使いになることが目的でしたから、最初はテラスの四方に壁をつくるだけでいい、と思っていらしたようです」と、依頼を受けた建築家の渡辺 仁さん。しかし、かねてよりF邸の部分的な改修を手掛けてきた渡辺さんは、「単なるハコではなく、庭の自然と調和する心地よい空間づくり」を計画。緑豊かな敷地環境や、来客の多いFさんのライフスタイルをふまえてのことである。

    渡辺さんがまず決めたのは、既存のガラス屋根を大きなトップライトとして活かすことだった。かつ、増築する壁に大きなガラスの折り戸を入れ、空だけでなく庭との連続性を意識。床石はそのまま使用して、庭の一部とも感じられる“半戸外空間”をつくり上げた。

    完成したテラスハウスは、トップライトから燦々と差し込む光と贅沢な緑に包まれて、室内といえども屋外にいるかのよう。折り戸を全開すれば木々の呼吸を感じるすがすがしい外気に満たされリフレッシュ。Fさん自らが選んだアンティークの扉や窓枠も、心安らぐ緑や、今回のプランの発端となった暖炉と見事に調和する。

    空間を心地よく感じられる設計上のテクニックも、随所にちりばめられている。たとえば、窓から見える景色を絵画感覚で眺める小さなピクチャーウインドーや、天井が微妙に浮いて見えるガラス張りの隙間などで、視線の動きや軽やかさをプラス。また、トップライトを挟む2つの天井にゆるやかな勾配をつけ、四隅の一部は斜めにカットして空間そのものを多面体とし、柔らかい雰囲気を持たせている。

    職人の手で丁寧に磨きあげた塗りのベンチは、Fさんのお気に入り。丸みのあるデザインが座ったときの身体に馴染み、夏はひんやりした感触も加わって気持ちがいい。冬は冬でこだわりの暖炉であたたまり、Fさんからは「テラスハウスの居心地がよくて、つい行っちゃうのよね」との感想をいただいたそう。このスペースの使用頻度は改築前に比べて格段に増え、ゲストを招いての展示会やおもてなしの場として大活躍しているという。

    改築前のよさはそのままに、家での時間をさらに豊かにする工夫
    • テラスハウス 外観 折り戸/緑あふれる庭を間近に感じられる、大きなガラスの折り戸。テラスハウス内と庭の境界が曖昧な半戸外空間として、”室内と屋外のいいとこどり”ができる

    • テラスハウス 外観/Fさんが最も長い時間を過ごす母屋のダイニングは、写真左奥に位置する。渡辺さんはテラスハウス設計にあたり、ダイニングから見える庭の眺めを損ねないよう配慮した

    • テラスハウス外観 扉/庭との出入口にはFさんセレクトのアンティーク扉を使用。広大な庭に生い茂る木々の豊かな緑に包まれ、趣深い表情がいっそう映える

    アンティーク暖炉が発端となった空間づくりとはいえ、渡辺さんは、テラスハウス単体の居心地やデザイン性だけに目を向けていたわけではない。すでに建つ母屋や、Fさんの思い入れがある緑豊かな庭など、周囲環境との調和も十分に配慮した。

    なかでも心をくだいたのは、テラスハウスの存在によって母屋から庭を眺める楽しみを奪わないことだった。

    そのため、母屋の中でFさんがいちばん長い時間を過ごすダイニングからの視線の向き、角度などを細やかにチェック。できるだけ視界を狭めない設計とし、壁一面の折り戸とアンティーク窓の配置も、母屋にいるときにたくさんの緑が目に触れるよう計画した。もちろん、建物として母屋との統一感を生むべく、外装・内装の色合いや素材にも気を配っている。

    言い方を変えれば、渡辺さんは暮らしに新たな楽しみをもたらす場を、それまでの生活・空間のよさを損ねることなくつくりあげたということになる。

    「最近、メキシコのアーティストにオーダーしたテーブルを入れたそうです。この空間をどんな風にアレンジして、どんな風に使うか。インテリアや過ごし方をFさんらしく自由に楽しんでいただけたら、設計者としては本当に嬉しいですね」

    作った人 渡辺 仁

    Fさんはお仕事柄、花や緑がとてもお好きな方。時折ご自宅で展示会や花の教室も開催されていらっしゃるので、くつろぎ、もてなしの場として活きる空間づくりを目指しました。半戸外の開放感、自然との調和、そして設計上の細かな工夫がテラスハウスとしてひとつにまとまり、心地よさを生み出せたのではないかと思います。お好きなアンティークを活かし、インテリアやここでの時間を楽しんでいただければ嬉しいです。

    スペック
    所在地
    愛知県名古屋市
    家族構成
    女性
    構造
    S造
    規模
    1階建て
    設計期間
    2012年02月~2012年04月
    施工期間
    2012年05月~2012年06月
    竣工年月
    2012年2012月
    延床面積
    25㎡(改築部分のみ)
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧