趣味の自転車を大事に、そして難しい採光も実現の技が知りたい! | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 趣味の自転車を大事に、そして難しい採光も実現の技が知りたい!

新 良太   

趣味の自転車を大事に、そして難しい採光も実現の技が知りたい!

2017年04月11日 ── 埼玉県・家づくり ── 20860

 愛車の自転車が手入れできる土間と、桜並木を眺められるバルコニーのある家を希望した施主のFさん。テレビ番組の『建物探訪』を数年分録画でストックするほどの建築好きというFさんが納得する家を完成させた、建築家の工夫の数々をご紹介!

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 菰田 晶

    住んでいる人 夫婦+子ども1人

    印象的な土間を中心とした個性的な間取りの3LDK
    • 新 良太

      土間/Fさんの要望で作られた土間には趣味の自転車が飾られている。この土間でメンテナンスなどの作業をするイメージで作られた

    • 新 良太

      寝室/土間に対して高さを設けた寝室。壁の高い位置にもうけられた窓からは明るい光が差し込む

    • 新 良太

      土間/フリースペースから見た土間。手前が子ども空間となるフリースペースで、奥のドアの向こうが寝室となっている

    • 新 良太

      フリースペース/床に樺桜を用いたフリースペース。土間と床材の間は収納空間となっており、普段は使わないものなどをしまえる工夫がされている

     建物の中心に配置されているのは、ご主人の趣味である自転車がインテリアのように飾られた土間。その上に備えられたスノコ状のインナーバルコニーからは燦々と光が差し込み、土間の白壁を明るく照らしている。ご夫婦の要望だったという白い壁と無垢材の床が絶妙にマッチする、実にモダンな空間だ。

     初めから住みたい家のイメージを明確に持ち、ネットで自分たちのテイストに合う建築家を探していたというFさん。複数の建築家の施行例を見て出会ったのが、今回設計を担当した、同じ市内で設計事務所を営む菰田さんだったという。最初に菰田さんに伝えられた要望は、敷地の先にある桜並木をのんびり眺められるバルコニーと、ご主人の趣味である自転車を安全に置けて、自転車やスノーボードなどの手入れができる土間だった。

     購入したばかりだった土地は、北側道路。さらに南側には境界から30cmのところに隣の建物が建っており、ともすると採光が取りにくい立地である。これを解決するために菰田さんは屋上バルコニーを設置。高窓から光を採り、1階まで通すというアイディアを考案した。2階部分にインナーバルコニーを設け、床をレッドウッドのスノコにすることで、上からの光を1階にまで通そうと考えたのだ。その明るい光を受けるのは、建物の中心に配された玄関からつながる土間。2階から射す光は白い壁に反射し、1階全体を明るく照らしている。さらに開けた東西にも大きな窓を設置。隣家がある東側のガラスはフロストに、西側はブランドを付け、プライバシーを確保しながら採光を確保することに見事成功した。

     残念ながら立地上の問題で桜が見えるバルコニーという要望は叶わなかったが、リビングから桜並木に対する開口、屋上につくったバルコニーとリビングとの関係、光を階下まで落とすインナーバルコニーをつくるといった提案を好んで頂けたことで、プランもより明確になったという。


     1階の中心に配された土間から靴を脱いで上がった先にあるのは、高さをつけて空間にメリハリを付けたフリースペースで、床には樺桜(カバザクラ)が使われている。土間と床板の間が収納となっているのも、菰田さんのアイディアだ。将来は子ども部屋として2つに区切れるこのスペースの反対側には夫婦の寝室。いずれも東西、上部からの明るい光に満ちている。

     この1階と2階をつなぐのは、Fさんと菰田さんで話し合って決めたというこだわりのらせん階段だ。登った先にあるのは、お風呂やトイレ、洗面所といった水回りと、和室、リビングダイニングといった生活空間。和室はプリーツカーテンで仕切れるようになっており、リビング・ダイニングとはインナーバルコニーでつながっている。最初の頃は階下が透けて見えるインナーバルコニーのスノコを娘さんが怖がったそうだが、今ではすっかり慣れたということで、ひと安心。今では大田窪の家の素敵なワンポイントとなっている。


    菰田建築設計事務所のホームページはこちら

    • 新 良太

      リビングダイニング/リビングダイニングの床はスノコを用いたインナーバルコニーにつながっており、和室に続いている

    • 新 良太

      キッチン/東側の大きな窓から光が入るキッチン。シンクの天板はステンレス、木はシナベニアを使用。奥様の要望によりところどころ、「見せる収納」と「見せない収納」を意識して作っているところがポイント。

    • 新 良太

      洗面室/シンプルで美しい丸いタイル張りの洗面室

    • 新 良太

      らせん階段/窓からの光を遮らない構造を鑑み、デザインされている

    Fさん夫婦が揃えたこだわりのインテリアで住まいが完成
    • 新 良太

      キッチンから見たダイニング/無駄な物を廃した空間にマッチするテーブルセットと照明

    • 新 良太

      屋外のバルコニーから見た室内/高さを揃えた家具と間接照明が大人っぽい雰囲気を醸し出している

    • 新 良太

      桜並木から見る外観西面/桜並木から見た西面。夜のアプローチも美しい

     もともと柳宗理さんのバタフライスツールを持っていたというほど、インテリア好きのFさんご夫婦。フリッツ・ハンセンのイスを窓の高さに合わせて購入されるなど、完成した家には細部までこだわったインテリアが配され、素敵に住みこなしていらっしゃるそう。建築家のセンスと住み手のセンスが相乗効果を生み、まさにこだわりの住まいが完成した。

     実際住み始めてみると温熱環境にも優れており「夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる」と好評だそう。今は2階のリビングにいる時間が最も多く、ここが一家団欒の場となっているとのこと。休日には趣味の自転車を土間でメンテナンスする、楽しい時間を満喫されている。

    作った人 菰田 晶

    始めて事務所に見えた時から、家に対する明確なイメージをお持ちでした。今回の設計のポイントとなったのは、開けている東西面と建物が近接する南面をどのように計画するかという点。結果的には東西中央に2層分のスリット窓をつくり、光を取り込んだほか、屋上バルコニーを作ることで隣家から距離を取り、高窓から光を取り込むことにしました。

    スペック
    所在地
    埼玉県さいたま市
    家族構成
    夫婦+子ども1人
    構造
    木造
    規模
    2階建て
    設計期間
    2013年01月~2013年08月
    施工期間
    2013年08月~2014年03月
    竣工年月
    2014年2014月
    敷地面積
    110.62㎡
    延床面積
    99.81㎡
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    バイクの趣味が中心!開放的なテラスと防犯を両立した秘訣とは?

     夫婦ともにバイクが趣味というNさん夫婦が建てたのは、バイクガレージが中心にある家。車通りの多い道路に面した土地で、防犯と開放感の確保という相容れない2つの条件をクリアした、建築家・白砂孝洋さんの驚...

    KLASIC編集部

    17411

    人気記事

    薄暗さを活用!明るさと手触りと香り、心からの"安らぎ"とは?

     古くて日当たりのよくない都内のマンション。その環境をデメリットと考えず、プラスの要素として活かしきることで、お客様をお迎えするのにふさわしい、しっとりと落ち着いた最上級の和モダン空間をつくりだす...

    手塚ひとみ

    15622

    人気記事

    居場所が違えば何度でも感動!一面の海と熱海を楽しみ尽くす

     JR熱海駅にほど近い伊豆山の中腹に、海を見下ろすように佇むAさん邸。熱海の地をこよなく愛するご夫妻が、都会では味わえない豊かな時間を求めて建てたこの家には、日々の暮らしの喜びとおもてなしの心があふれ...

    手塚ひとみ

    17531

    人気記事

    明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。

    共働きということで、休日に一気に洗濯などの家事をこなすというGさんご夫婦。そんな多忙なGさんが望んだのは、家事動線が良く、どこにいても2人の子どもたちの存在を感じられる家だった。随所に建築家・江藤さ...

    KLASIC編集部

    20021

    人気記事

    緻密な計算と小さな声に耳を傾ける!ずっと愛せる素材の住まい

     20年来住んでいたマンションの周囲の環境変化により、新築の戸建てを検討していたGさんご家族。訪れたオープンハウスで見た温かみのある家を気に入り、建築家の金子正明さんに家づくりを依頼する。たたずまいと...

    KLASIC編集部

    33391

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧