ペットと暮らすアンティークな宝箱のあるガレージハウス | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > ペットと暮らすアンティークな宝箱のあるガレージハウス

ペットと暮らすアンティークな宝箱のあるガレージハウス

2017年03月31日 ── ・家づくり ── 1870

 閑静な住宅地の中に建つお引き渡しから1ヶ月のS様邸を訪問させていただきました。通りからは駐車場と建物の壁面しか見えず、一体どんなお宅なのか…?アプローチを経て玄関に一歩足を踏み入れると、外観からは想像もつかないようなお住まいに出迎えられました。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 清野 廣道

    住んでいる人 夫婦

    都会的だけれど、ビンテージ感あふれる家を造りたい
    • 表札と郵便受けは、夫妻のこだわりの逸品

    • アプローチにはゆとりがあり、客人の車を止めることができる

    • 正面の1階のガレージと2階のバルコニーは建物の特徴的なポイントとなっている

    高い天井に白い壁。白い天井。
    ライトブルー、ミントグリーンにホワイトベージュが優しい室内に、ダークブラウンのソファ。
    インテリアにはシェルモチーフなど、マリンテイストが溢れています。

    「この家を造ろうと考えたのは、この家具との出会いがきっかけです。」
    パイレーツ・オブ・カリビアンに出てくる宝箱のような家具は、目黒のインテリアショップで一目惚れしたというアンティーク。リビングテーブルとして使うことになったこの宝箱に似合う家を造りたい、と家のテイストに関してはビンテージ感を大事にしたといいます。

    「設計を依頼する前に、私たちがやりたいことはあれこれ決まっていて。打ち合わせは、その中から実現できることとできないことを選り分けてもらい、削ぎ落としていく作業でした。」

    収納をきちんと作っているので、室内は常にきれいに保たれています。インテリア雑誌から抜け出てきたような住まいに、ホームパーティに招かれた友人からは「まるで、ホテルみたい」と言われたそうです。

    日常と非日常とのバランスを程よく
    • ソファーはもちろん、家の中の家具やインテリアは、夫妻のこだわりの品

    • これが夫妻の「宝箱」。リビングテーブルとして使用している

    「ホテルみたい」という言葉は、S様邸の雰囲気をとてもよく言い当てています。
    S様邸は生活の場でありながら非日常的な遊び心にもたっぷり溢れていて、日常と非日常のバランスがとても心地よいのです。

    たとえば、大人数のパーティにも対応できる大きなダイニングテーブルには、かつて教会で使われていたというアンティークの椅子が置かれています。背もたれに聖書入れがついているあたりは、当時の面影を残しておりノスタルジーを感じさせます。機能的に仕切られたクローゼットの中には、星形の可愛らしい照明が2つ。ともすると無機質になりがちなクローゼットが、この照明で一気にロマンティックな雰囲気に。寝室やトイレの壁は、S様自ら提供したという塗料でパーブルやブルーに塗られていて、真っ白なリビングダイニングと対照的なリラックス感があります。

    そして、極めつけはビルトインガレージと、そのすぐ隣に配置したご主人の書斎。車と小物づくりが趣味というご主人のために、車を見ながら好きなことができるスペースを一階に造ってあります。まるで隠れ家のような雰囲気に、訪れた人はみなワクワクを隠しきれません!

    一方、奥様らしい美しいこだわりも随所にあります。一階玄関にあるシュークローゼットの入口と隣にしつらえたニッチは曲線が美しいアール型。シンプルで上品な佇まいでお客様を迎えてくれます。

    設計に当たってホープスさんは、このようなご夫婦のこだわりをヒアリングしながら、4プランを作成したといいます。

    「S様のようにイメージやこだわりが明確なお施主様であっても、私たちはプロですからYesマンであってはいけないと思っています。お客様の言葉が100%ではありません。趣味や、休日の過ごし方、暮らしぶりや好きなことなどをお聞きしながら”どんな暮らし方をしたら、お施主様は幸せなのか?”を常に問うようにし、ご提案しています。」

    工務店選びは”直感”で。運命的な出会いがこの家の始まり
    • 開放感満載のバルコニーは夫妻のお気に入りの場所

    • 洗面スペースには、二人が同時に身支度できる大きな鏡を設置

    • トイレはラベンダー色の壁紙を使用。個性的でありながら、落ち着いた空間に

    • トイレの窓には奥様こだわりの花瓶とアロマデフューザーが置かれている

    • 洗濯機ヨコの収納は、大容量。「隠す収納」により空間はすっきり

    お料理好きなご主人が腕を振るう、キッチンの大きな作業台、そしてTV台は、設計・施工を請け負ったホープスの清野さんが、ご夫婦のイメージを形にできるインテリアショップを自らの足で探し当て、オーダー制作してもらったものとのこと。目黒通り沿いの家具屋を20軒以上あたってビンテージ風の家具を手作りで作ってくれる家具屋さんと出会ったそうです。

    「S様には好きなモノや部材の画像をたくさん集めて頂きました。それを見て、どんな暮らしをしたいのか、家でどう過ごしたいのかを考えていき、とあるインテリアショップにたどり着いたんです。ここならS様のイメージ通りのモノを作ってくれると思いました。」

    施主と工務店でここまで気持ちが通じ合えるのはレアケースかもしれません。聞けばS様はホープスさんのHPを見てこの会社と決め、ほとんど他社を見ることなく契約したのだそうです。

    「初回にお会いして、こんなにイメージが伝わりやすい会社なのかと驚きました。話せば話すほど、どんどん打ち解けていった感じです。」とS様のご主人。

    そして、ホープスさんもこう言います。
    「S様とのお打ち合わせは、とても楽しかったですね。いつも何か気に入ったものを買ってこられて。”これを玄関に使って欲しい”など、提案していただく度に、趣味のよさに驚かされました。」

    「これだけセンスの良い家を考えられるS様に、何をどうご提案しようか迷った時期もあります。でも、途中で気がついたんです。ただシンプルな家を造ればいいんだ、お二人で素敵な暮らしを作っていけるのだから、と。」

    S様とホープスさん、相思相愛の出会いがこの素晴らしい家が誕生するきっかけとなりました。自分たちのスタイルをお持ちのS様にとって、ホテルマンのようなおもてなしで想いを形にしてくれるホープスさんとの出会いは、まさに運命的な出会いだったのかもしれません。

    「良い意味で期待を裏切られたのは、素晴らしい天井の高さでしょうか。」
    ご夫婦はそう言って、にっこり笑いました。

    モノと人との出会いが素晴らしい家を造り上げる
    • 部屋の端々に置かれたインテリアは、すべて夫妻のこだわりの品

    • 廊下の壁には、三つの額縁を飾り付けている

    • 壁の一部に設置した飾り棚。夫妻のコレクションを飾り付けるために設計

    S様には大きな2つの出会いがありました。家を造ろうと決めたときに出会ったアンティークの宝箱。いろいろなイメージを膨らませているうちに巡り会った、想いを形にしてくれる工務店。このどちらもなければ、今素晴らしいS様邸はきっとなかったに違いありません。

    よい家づくりは、まさにモノや人とのご縁の賜物。これから家づくりを考えている方には、ぜひよい出会いがあって欲しいものだと実感しました。

    スペック
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧